の歌詞 の The Boxer

曲のイメージをカバー The Boxer によって Simon & Garfunkel

アーティスト の: ,

The Boxer によって Simon & Garfunkel アルバムの一部であります "Bridge over Troubled Water" ジャンルの下に来ます Rock,General. それは日にリリースされました。 21 Aug 2001 ラベルの下 Columbia/Legacy. 著作権によってニコラウス (P) Compilation 2001 Sony Music Entertainment Inc..

タグ の: The Boxer 無料の歌詞 の , 歌詞をダウンロード の, youtube video of The Boxer



English (元の の)        
で利用可能な翻訳歌詞: の Deutsch       中国       Español       Português      

の歌詞 の The Boxer

I am just a poor boy
Though my story's seldom told
I have squandered my resistance
For a pocket full of mumbles such are promises
All lies and jests
Still a man hears what he wants to hear
And disregards the rest
When I left my home and my family
I was no more than a boy
In the company of strangers
In the quiet of the railway station running scared
Laying low, seeking out the poorer quarters
Where the ragged people go
Looking for the places only they would know
Lie la lie...

私はちょうど貧しい少年です
私の話はほとんど言っただけど
私は抵抗を浪費した
ポケットの完全についてなどが約束されもぐもぐ
すべてが嘘およびjests
それでも男は聞いて欲しいものを聞く
そして、残りの部分を無視する
私は私の家と私の家族を残した場合
私は少年を上回っていた
他人の会社で
鉄道駅の静かで怖がって実行している
貧しい四半期を求め、低を立ち
ここで、ぼろの人々が行く
彼らは知っている唯一の場所のためか探して
嘘ラは嘘を...


Asking only workman's wages
I come looking for a job
But I get no offers,
Just a come-on from the whores on Seventh Avenue
I do declare, there were times when I was so lonesome
I took some comfort there
Lie la lie...

唯一の職人の賃金を尋ねる
私は仕事を探して来る
しかし、私はないのオファーを取得
ただ来る-第7回アベニューの売春婦から
私は寂しい時に私は宣言しない、時間があった
私はいくつかの快適さを取ったが
嘘ラは嘘を...


Then I'm laying out my winter clothes
And wishing I was gone
Going home
Where the New York City winters aren't bleeding me
Bleeding me, going home
In the clearing stands a boxer
And a fighter by his trade
And he carries the reminders
Of ev'ry glove that layed him down
Or cut him till he cried out
In his anger and his shame
"I am leaving, I am leaving"
But the fighter still remains
Lie la lie...

その後、私は冬服のレイアウトだ
そして、私は消えていた希望
帰宅
ここで、ニューヨーク市の冬は私を出血されていない
家に帰る、私の出血
クリアがボクサースタンドで
そして、彼の貿易で戦闘
そして、彼はアラームを運ぶ
でなかった手袋のことがダウンして彼を築いた
または彼を切る彼は叫んだまで
彼の怒りと彼の恥で
"私は残して、私は出発"
しかし、戦闘機がまだ残って
嘘ラは嘘を...


注釈 の




'The Boxer' is a folk rock ballad written by Paul Simon in 1968 and first recorded by Simon & Garfunkel. It was released as the follow up single to their number one hit 'Mrs. Robinson', and reached #7 in the US charts. It later appeared on their last studio album, 'Bridge over Troubled Water', along with its B-side 'Baby Driver'. It is particularly known for its plaintive refrain, in which the singer sings the tune as 'lie-la-lie', and the memorable finger-picking guitar played by guitarist Fred Carter, Jr.. 'Rolling Stone' ranked the song #105 on their list of the 500 Greatest Songs of All Time.



The Boxer 歌詞は、それぞれの芸術家、作家とラベルの財産です。 これらの歌詞はeduacational提供のみを目的としています。 あなたがそれらを好きなら曲を購入してください。 の