の歌詞 の Roll with It

曲のイメージをカバー Roll with It によって Oasis

アーティスト の: ,

Roll with It によって Oasis アルバムの一部であります "(What's the Story) Morning Glory?" ジャンルの下に来ます Alternative Rock,General. それは日にリリースされました。 15 Jun 2010 ラベルの下 Big Brother. 著作権によってニコラウス 2010 Big Brother Recordings Ltd.

タグ の: Roll with It 無料の歌詞 の , 歌詞をダウンロード の, youtube video of Roll with It



English (元の の)        
で利用可能な翻訳歌詞: の Deutsch       中国       Español       Português      

の歌詞 の Roll with It

You gotta roll with it
You gotta take your time
You gotta say what you say
Don't let anybody get in your way
'Cause it's all too much for me to take

あなたが得たそれとロール
あなたは私には時間がかかる
あなたは私あなたが言うことを言う
誰もがあなたの邪魔になるようにしてください
だってそれは私を有効にするにはあまりにも多くを見る


Don't ever stand aside
Don't ever be denied
You wanna be who you'd be
If you're coming with me

脇に立っててはいけません
これを否定することはしない
あなたがすることだ人になりたい
あなたは私と一緒に来ている場合


I think I've got a feeling I've lost inside
I think I'm gonna take me away and hide
I'm thinking of things that I just can't abide
I know the roads down which your life will drive
I find the key that lets you slip inside
Kiss the girl, she's not behind the door
But you know I think I recognize your face
But I've never seen you before

私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私を奪うつもり非表示だと思う
私は、私だけに従うことができないものと思っています
私はあなたの人生が駆動する下の道路を知っている
私はあなたの中にスリップすることができますキーを見つける
女の子をキス、彼女はドアの後ろではない
しかし、あなたは私があなたの顔を認識すると思う知っている
しかし、私は前を見たことがない


You gotta roll with it
You gotta take your time
You gotta say what you say
Don't let anybody get in your way
'Cause it's all too much for me to take

あなたが得たそれとロール
あなたは私には時間がかかる
あなたは私あなたが言うことを言う
誰もがあなたの邪魔になるようにしてください
だってそれは私を有効にするにはあまりにも多くを見る


I know the roads down which your life will drive
I find the key that lets you slip inside
Kiss the girl, she's not behind the door
But you know I think I recognize your face
But I've never seen you before

私はあなたの人生が駆動する下の道路を知っている
私はあなたの中にスリップすることができますキーを見つける
女の子をキス、彼女はドアの後ろではない
しかし、あなたは私があなたの顔を認識すると思う知っている
しかし、私は前を見たことがない


You gotta roll with it
You gotta take your time
You gotta say what you say
Don't let anybody get in your way
'Cause it's all too much for me to take

あなたが得たそれとロール
あなたは私には時間がかかる
あなたは私あなたが言うことを言う
誰もがあなたの邪魔になるようにしてください
だってそれは私を有効にするにはあまりにも多くを見る


Don't ever stand aside
Don't ever be denied
You wanna be who you'd be
If you're coming with me

脇に立っててはいけません
これを否定することはしない
あなたがすることだ人になりたい
あなたは私と一緒に来ている場合


I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside
I think I've got a feeling I've lost inside

私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う
私は私の中に失ってしまった感を持っていると思う


注釈 の




'Roll with It' is a song by British rock band Oasis written by their lead guitarist Noel Gallagher. It was released on 14 August 1995 as the second single from their second album '(What's the Story) Morning Glory?', reaching #2 in the UK Singles Chart.

'Roll with It' received a great deal of attention when Food Records, the label of Britpop rivals Blur, moved the original release date of single 'Country House' to clash with it, sparking what came to be known as 'The Battle of Britpop'. The British media had already reported an intense rivalry between the two bands and this clash of releases was seen as a battle for the number one spot. The media sensation was spurred on by verbal attacks from the respective camps (in particular Noel and Liam Gallagher, Damon Albarn and Alex James), that extended beyond the music industry to the point where the two bands were regularly mentioned on the evening news. In particular, public imagination was sparked by the contrast between the gritty, working class Oasis and the artsy, middle class Blur. In the end, Blur's 'Country House' single sold 274,000 copies to Oasis' 216,000 copies of 'Roll with It'. The singles charted at number 1 and number 2 respectively.

The song is like several other songs, such as 'Supersonic', in that it preaches the importance of being yourself.

Recently the song has made it back into Oasis' live set-list, being played on their 2009 stadium tour.

The melody for this song also appears in part in The Lemonheads' song 'Purple Parallelogram', which was co-written between Gallagher and Evan Dando.



Roll with It 歌詞は、それぞれの芸術家、作家とラベルの財産です。 これらの歌詞はeduacational提供のみを目的としています。 あなたがそれらを好きなら曲を購入してください。 の