の歌詞 の One on One

曲のイメージをカバー One on One によって Hall & Oates

アーティスト の: ,

One on One によって Hall & Oates アルバムの一部であります "H2O (Hall & Oates album)" .

タグ の: One on One 無料の歌詞 の , 歌詞をダウンロード の, youtube video of One on One



English (元の の)        
で利用可能な翻訳歌詞: の Deutsch       中国       Español       Português      

の歌詞 の One on One

I'm tired of playing on the team
It seems I don't get time out anymore
What a change if we set the pace face to face
No one even trying to score
Oh oh I can feel the magic of your touch
And when you move in close a little bit means so much
Ooh yeah, you've got to understand baby
Time out is what I'm here for

私は、チームでプレーするのは疲れます
それは私がもう時間が出ていないようだ
何が変化を我々はペースの顔を設定されている場合に直面する
は誰も得点しようとしている
オハイオ州オハイオ州私はあなたのタッチの魔法を感じることができる
そして、あなたが移動したときに近い少しはそんなに意味
ああそう、あなたは赤ちゃんを理解するために持っている
タイムアウトは私がここにいることだ


One on one I wanna play that game tonight
One on one I know I wanna play that
One on one I wanna play that game tonight
One on one so slow

一つは、1つに私はそのゲームの今夜を再生する
一つ一つに私は私がプレーしたい知っている
一つは、1つに私はそのゲームの今夜を再生する
いずれか一つとても遅い


You can't tell me you don't miss me girl
I think I might know you too well
Wonder what you'd say if you knew that I was coming tonight
Want to?  I want you can't you tell

あなたは私に女の子をお見逃しなく私を伝えることができない
私はあまりにもよくあなたを知っているかもしれないと思う
ワンダーあなたは今夜は来ていたことを知っていた場合は、だと思います
してみませんか?私はあなたが言うことができない場合


One on one I wanna play that game tonight
One on one I know I wanna play that
One on one I wanna play that game tonight
One on one so slow
That's all you need to know now

一つは、1つに私はそのゲームの今夜を再生する
一つ一つに私は私がプレーしたい知っている
一つは、1つに私はそのゲームの今夜を再生する
いずれか一つとても遅い
それはあなたが今知っているために必要なすべての機能


'Cause if it's really right there's nothing else
One on one I want to play that game tonight...

だって、それは本当にだ場合は、右以外は何もない
一つは、1つに私はそのゲームの今夜を再生する...


注釈 の




'One on One' is a song recorded by American duo Hall & Oates for their 1982 album 'H2O'. It peaked at number seven on the Billboard Hot 100 chart in March of 1983, with the 1983 Compilation albums called Rock 'n Soul Part 1. It also reached number four on the U.S. Adult Contemporary chart and number eight on the U.S. R&B chart.

The song's popularity, along with its inherent basketball reference, led to it being used in NBA commercials in the mid-80s. The commercial featured numerous players, including Laker James Worthy performing a 360-degree slow-motion spin move during the sax solo.


One on One 歌詞は、それぞれの芸術家、作家とラベルの財産です。 これらの歌詞はeduacational提供のみを目的としています。 あなたがそれらを好きなら曲を購入してください。 の