曲のイメージをカバー Alices Restaurant Massacree によって Arlo Guthrie

アーティスト の: ,



タグ の: Alices Restaurant Massacree 無料の歌詞 の , 歌詞をダウンロード の, youtube video of Alices Restaurant Massacree



English (元の の)        
で利用可能な翻訳歌詞: の Deutsch       中国       Español       Português      

の歌詞 の Alices Restaurant Massacree

This song is called Alice's Restaurant, and it's about Alice, and the
restaurant, but Alice's Restaurant is not the name of the restaurant
that's just the name of the song, and that's why I called the song Alice's
Restaurant

この曲はアリスのレストランと呼ばれ、それはアリスのだし、
レストランが、アリスのレストランには、レストランの名前ではありません
、曲の名前だけだと私は歌アリスのと呼ばれる理由です
レストラン


You can get anything you want at Alice's Restaurant
You can get anything you want at Alice's Restaurant
Walk right in it's around the back
Just a half a mile from the railroad track
You can get anything you want at Alice's Restaurant

あなたはアリスのレストランでは、欲しいものを得ることができます
あなたはアリスのレストランでは、欲しいものを得ることができます
それは右のウォークに戻る回避だ
ちょうど半分の線路からマイル
あなたはアリスのレストランでは、欲しいものを得ることができます


Now it all started two Thanksgivings ago, was on - two years ago on
Thanksgiving, when my friend and I went up to visit Alice at the
restaurant, but Alice doesn't live in the restaurant, she lives in the
church nearby the restaurant, in the bell-tower, with her husband Ray and
Fasha the dog. And livin' in the bell tower like that, they got a lot of
room downstairs where the pews used to be in. Havin' all that room
seein' as how they took out all the pews, they decided that they didn't
have to take out their garbage for a long time

今では、すべて二感謝祭前にスタートしていた - 2年前に
友人と私が行ったの感謝祭は、アリスのを訪問する
レストランが、アリスはレストランで住んでいない、彼女が住んでいる
彼女の夫レイと鐘楼の教会近くのレストランでは、
Fasha犬。そして、そのような鐘楼でlivinのは、彼らは多くを得た
部屋の階下の場所のすべてのその部屋havinが'インチされていたプーズ
彼らはすべてプーズを取り出してどのようため息は、彼らがいないことを決定した
長い時間のためにごみを出す必要がある


We got up there, we found all the garbage in there, and we decided it'd be
a friendly gesture for us to take the garbage down to the city dump. So
we took the half a ton of garbage, put it in the back of a red vw
microbus, took shovels and rakes and implements of destruction and headed
on toward the city dump

我々が立ち上がって、私たちはそこにすべてのゴミを見つけて、我々はそれがしたいこと
フレンドリーなジェスチャーを私たちは町のゴミ捨て場下にゴミを取るため。だから
私たちは、半分のゴミトンかかった赤いVWのバックに入れて
マイクロバスは、シャベルや熊手を取り、破壊の実装と向かって
町のゴミ捨て場に向かって


Well we got there and there was a big sign and a chain across across the
dump saying, "Closed on Thanksgiving." And we had never heard of a dump
closed on Thanksgiving before, and with tears in our eyes we drove off
into the sunset looking for another place to put the garbage

まあ我々はそこに着いたの大きな看板と全体にわたってチェーンがあった
、言葉をダンプ"感謝祭は休館。"そして、私たちは、ダンプのことを聞いたことがなかった
我々は追い払いました私たちの目には、前の感謝祭に閉じて涙
別の場所を探して夕日がゴミを入れてに


We didn't find one. Until we came to a side road, and off the side of the
side road there was another fifteen foot cliff and at the bottom of the
cliff there was another pile of garbage. And we decided that one big pile
is better than two little piles, and rather than bring that one up we
decided to throw our's down

我々は1つが見つかりませんでした。我々は、側道に来てまでとの側面から
側道別十五フィートの崖があったとの下部にある
崖のごみの別の山があった。そして、我々は一つの大きな山を決定
よりも二つの小さな山、というよりも持って私たちにその一つである
私たちがダウンしているスローすることを決めた


That's what we did, and drove back to the church, had a thanksgiving
dinner that couldn't be beat, went to sleep and didn't get up until the
next morning, when we got a phone call from officer Obie. He said, "Kid
we found your name on an envelope at the bottom of a half a ton of
garbage, and just wanted to know if you had any information about it." And
I said, "Yes, sir, Officer Obie, I cannot tell a lie, I put that envelope
under that garbage."

それが、私たちは、何とバック教会に運転していたの感謝祭
勝利することができませんでした夕食は、と寝てまで取得していない
次の日の朝、我々は役員オービーから電話を得たとき。彼はキッド"と述べた。
我々は半分の下部にトンで封筒にお名前を発見
ゴミは、ちょうどあなたはそれについて何か情報を持っていたかどうかを知ると思った。"と
私ははい、先生、役員オービー、私はうそをつくことができない"と言い、私はその封筒を置く
生ゴミの下に。"


After speaking to Obie for about fourty-five minutes on the telephone we
finally arrived at the truth of the matter and said that we had to go down
and pick up the garbage, and also had to go down and speak to him at the
police officer's station. So we got in the red vw microbus with the
shovels and rakes and implements of destruction and headed on toward the
police officer's station

電話々で約fourty - 5分間オービーと話して後
最終的に事件の真相に到着し、我々がダウンしていたという
および、ゴミを拾うもでダウンして、彼と話していた
警察官の駅。そこで、赤いVWのマイクロバスに入った
シャベルと熊手と破壊の実装に向かって向かって
警察官の駅


Now friends, there was only one or two things that Obie coulda done at
the police station, and the first was he could have given us a medal for
being so brave and honest on the telephone, which wasn't very likely, and
we didn't expect it, and the other thing was he could have bawled us out
and told us never to be see driving garbage around the vicinity again
which is what we expected, but when we got to the police officer's station
there was a third possibility that we hadn't even counted upon, and we was
both immediately arrested. Handcuffed. And I said "Obie, I don't think I
can pick up the garbage with these handcuffs on." He said, "Shut up, kid
Get in the back of the patrol car."

友だちは、1つまたは2つのものがオービーねぐらがで行わすることが明らかになった
警察署、最初は彼が私たちにメダルを与えられたかもしれないされた
と、とても勇敢で正直それほどあるわけではありませんでした電話上でされて
我々は、それを期待していなかった他の事は、彼が私たちを食ったかもしれないされた
とは二度と付近を中心にゴミを駆動するを参照してくださいする私たちに語った
これは、我々が期待したものです私たちは警察官の駅に着いたときには
私たちは時にもカウントされませんでした3番目の可能性があった、私たちがいた
両方がすぐに逮捕された。手錠をかけられ。そして、私はオービーは、私は考えていない"と述べた。
これらの手錠でゴミを拾うことができます。、黙れ"彼は言った、"子供
パトカーの後ろに入手してください。"


And that's what we did, sat in the back of the patrol car and drove to the
quote Scene of the Crime unquote. I want tell you about the town of
Stockbridge, Massachusets, where this happened here, they got three stop
signs, two police officers, and one police car, but when we got to the
Scene of the Crime there was five police officers and three police cars
being the biggest crime of the last fifty years, and everybody wanted to
get in the newspaper story about it. And they was using up all kinds of
cop equipment that they had hanging around the police officer's station
They was taking plaster tire tracks, foot prints, dog smelling prints, and
they took twenty seven eight-by-ten colour glossy photographs with circles
and arrows and a paragraph on the back of each one explaining what each
one was to be used as evidence against us. Took pictures of the approach
the getaway, the northwest corner the southwest corner and that's not to
mention the aerial photography

そして、それは我々が何をしたか、パトカーの後ろに座ってて運転している
犯罪引用終わりの引用シーン。私の町をご紹介します
これはここで起こったストックブリッジ、マサチューセッツ、彼らが3ストップを持って
標識、警察官2人、一パトカーが、我々はに着いたときに
シーンは、犯罪の五人の警官と3人の車があった
過去50年間の最大の犯罪をされて、誰もがしたい
それについての新聞記事で取得します。そして、彼らはすべての種類の交流を使用していた
彼らは警察官の駅をうろついていた警官機器
彼らは石膏タイヤのトラックを取っていた、足のプリント、犬は臭いが出力し、
彼らは円で20七八- 10色で光沢のある写真を撮って
と矢と説明するそれぞれの背面にある第一項か、各
一、私たちに不利な証拠として使用されるようになった。アプローチのトック写真
休暇は、北西と南西の角を追い詰めることはしないようにだ
航空写真に言及


After the ordeal, we went back to the jail. Obie said he was going to put
us in the cell. Said, "Kid, I'm going to put you in the cell, I want your
wallet and your belt." And I said, "Obie, I can understand you wanting my
wallet so I don't have any money to spend in the cell, but what do you
want my belt for?" And he said, "Kid, we don't want any hangings." I
said, "Obie, did you think I was going to hang myself for littering?"
Obie said he was making sure, and friends Obie was, cause he took out the
toilet seat so I couldn't hit myself over the head and drown, and he took
out the toilet paper so I couldn't bend the bars roll out the - roll the
toilet paper out the window, slide down the roll and have an escape. Obie
was making sure, and it was about four or five hours later that Alice
(remember Alice? It's a song about Alice), Alice came by and with a few
nasty words to Obie on the side, bailed us out of jail, and we went back
to the church, had a another thanksgiving dinner that couldn't be beat
and didn't get up until the next morning, when we all had to go to court

試練の後、私たちは再び刑務所に行ってきました。オービーは、彼が入れと言った
私たちセルインチサイードは、"キッドは、私がセルにを配置するつもりだ、私が欲しいの
財布とベルト。オービー、私はあなたが欠けて理解することができます"そして、私は言った、"私
ウォレットので、私はセルで過ごすにはお金を持っていないが、何を行う
私のベルトをしたいですか?"と彼は言った、"キッドは、我々は、任意の絞首刑を望んでいない。"私は
"あなたは、私がポイ捨てのために自分がハングアップするつもりだと考えていた、オービーか?"
オービーは、彼が必ず作っていたという友人オービーは、彼が取り出した原因だった
便座ので、私は頭の上に自分自身を打つことができず、溺れ、彼が撮った
トイレットペーパーから私はバーがロールアウト曲げることができませんでしたので、 - ロール
窓の外にトイレットペーパーは、ロールを滑り降りるとエスケープを持っています。オービー
確実に、そして、それは約4または5時間後にアリスということでした
(アリスを覚えていますか?それはアリスの曲です)、アリスはで、いくつかの付属
厄介な言葉が側にオービーするには、刑務所の私たちを救済し、我々は戻って
教会に、勝利することができませんでした別の感謝の夕食を食べた
我々はすべての裁判所に行っていた次の朝、まで取得していない


We walked in, sat down, Obie came in with the twenty seven eight-by-ten
colour glossy pictures with circles and arrows and a paragraph on the back
of each one, sat down. Man came in said, "All rise." We all stood up
and Obie stood up with the twenty seven eight-by-ten colour glossy
pictures, and the judge walked in sat down with a seeing eye dog, and he
sat down, we sat down. Obie looked at the seeing eye dog, and then at the
twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures with circles and arrows
and a paragraph on the back of each one, and looked at the seeing eye dog
And then at twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures with circles
and arrows and a paragraph on the back of each one and began to cry
'cause Obie came to the realization that it was a typical case of American
blind justice, and there wasn't nothing he could do about it, and the
judge wasn't going to look at the twenty seven eight-by-ten colour glossy
pictures with the circles and arrows and a paragraph on the back of each
one explaining what each one was to be used as evidence against us. And
we was fined $50 and had to pick up the garbage in the snow, but thats not
what I came to tell you about

我々は、歩いた座って、オービーは二十七八バイ十を持って入ってきた
円と矢印と背面にある段落で光沢のある写真をカラー
それぞれの、腰を下ろした。と言ったの男が来て"すべてが上昇。"私たちは皆、立ち上がって
とオービーさんは立ち上がって二十七八- 10色で光沢のある
写真、裁判官は、盲導犬と座って入ってきた、彼
座って、私たちは座った。オービーは、盲導犬を見て、その後で
円、矢印で20七八- 10色で光沢のある写真
、それぞれの背面にある段落には、盲導犬を見て
And二〇入力し、七八-十色によるglossy pictures円で
と矢印は、それぞれの背面にある段落と泣き始めた。
'原因オービーは、アメリカ人の典型的なケースだったという認識になった
盲目の正義と、彼がそれについてどうすることもできなかったされておらず、
裁判官はを見に行くでした二十七八- 10色で光沢のある
円、矢印、それぞれの背面にある段落と写真
一、それぞれが私たちに不利な証拠として使用されるようになったかを説明する。と
我々は50ドルの罰金を科されたと雪の中でゴミを拾うしていたではなく、thatsの
私はあなたに話すようになったもの


Came to talk about the draft

付属のは、ドラフトについて話をする


They got a building down New York City, it's called Whitehall Street
where you walk in, you get injected, inspected, detected, infected
neglected and selected. I went down to get my physical examination one
day, and I walked in, I sat down, got good and drunk the night before, so
I looked and felt my best when I went in that morning. 'Cause I wanted to
look like the all-American kid from New York City, man I wanted, I wanted
to feel like the all-, I wanted to be the all American kid from New York
and I walked in, sat down, I was hung down, brung down, hung up, and all
kinds o' mean nasty ugly things. And I waked in and sat down and they gave
me a piece of paper, said, "Kid, see the phsychiatrist, room 604."

彼らはニューヨーク市のダウンの建物を持って、それがホワイトホールストリートと呼ばれる
あなたが歩くところは、感染を検出、検査、注射を取得
無視されたと選択されます。私は身体検査を1つ得るために下って行った
日、私は歩いて、私は座ってので、前に良いと酔って夜を持って
私が見て、私の私はその日の朝に行ったときに最高のを感じた。だって私がしたい
ニューヨーク市からのすべてのアメリカ人の子供のように見て、私が望んでいた男は、私が欲しかった
すべては、私はニューヨークからすべてのアメリカの子供になりたかったのように感じるように
と私は、ダウンbringの過去過去分詞、垂らしていたハングアップ、すべて、座って、入ってきた
種類o'は平均厄介な醜いもの。そして、私が起き、座って、彼らが与えた
私は一枚の紙、"キッドは、phsychiatrist、ルーム604を参照してください"と話した。


And I went up there, I said, "Shrink, I want to kill. I mean, I wanna, I
wanna kill. Kill. I wanna, I wanna see, I wanna see blood and gore and
guts and veins in my teeth. Eat dead burnt bodies. I mean kill, Kill
kill, kill." And I started jumpin up and down yelling, "kill, kill," and
he started jumpin up and down with me and we was both jumping up and down
yelling, "kill, kill." And the sargent came over, pinned a medal on me
sent me down the hall, said, "You're our boy."

そして、私は縮小は、私を殺すためにしたい"と述べた。私は、する場合は、つまり、そこに行った私
殺したいと思う。キル。私がしたい、私が見たいと思って、私は血を見て、と流血する
ガッツと私の歯の静脈。食べて死んで焦げた遺体。私は殺す、殺す意味
殺す、殺す"そして私はjumpinを開始し、ダウン、叫んで"殺す、殺す"と
彼は私と一緒に上下jumpinを始め、我々は両方の上下にジャンプされた
"殺す、殺す。"叫びとサージェント教授は私に金メダルを固定、やって来
言った、ホールを私に下された"あなたは私たちの少年だ。"


Didn't feel too good about it

あまりにもいい気分しませんでした


Proceeded on down the hall gettin more injections, inspections
detections, neglections and all kinds of stuff that they was doin' to me
at the thing there, and I was there for two hours, three hours, four
hours, I was there for a long time going through all kinds of mean nasty
ugly things and I was just having a tough time there, and they was
inspecting, injecting every single part of me, and they was leaving no
part untouched. Proceeded through, and when I finally came to the see the
last man, I walked in, walked in sat down after a whole big thing there
and I walked up and said, "What do you want?" He said, "Kid, we only got
one question. Have you ever been arrested?"

ホールのgettin以上ダウン注射、検査の進行
検出、neglections、彼らはdoinのは私に'でしたもののすべての種類
事がで、私は2時間、三時間、4名様用があった
時間は、私は嫌な意味のすべての種類の通過時間にあった
醜いものは、私はそこに厳しい時間を過ごしていた、彼らがいた
私のすべての単一の部分を注入し、検査、そして、彼らは去っていたも
の部分はそのまま。とを介して進行私は最終的に会いに来たときに
最後の一人、私は歩いた歩いた全体の大きなものの後に座っても
と私は歩いて言った、"あなたは何をしたいですか?"彼は子供"と言い、私たちは持っ
つの質問。これまでに逮捕されたことがありますか?"


And I proceeded to tell him the story of the Alice's Restaurant Massacre
with full orchestration and five part harmony and stuff like that and all
the phenome... - and he stopped me right there and said, "Kid, did you ever
go to court?"

そして、私は彼にアリスのレストラン大虐殺の話を進め
フルオーケストレーションと5部の調和とかこと、およびすべてのように
フェノーム... - 彼はすぐそこに私を止めて、キッド"と述べたまであなたをした
裁判所に行く?"


And I proceeded to tell him the story of the twenty seven eight-by-ten
colour glossy pictures with the circles and arrows and the paragraph on
the back of each one, and he stopped me right there and said, "Kid, I

そして、私は彼は二十七八バイ10の話を進め
円と矢印と段落の光沢のある写真をカラー
それぞれの背面に、彼はすぐそこに私を停止し、キッド、私は"と話した。


注釈 の




thumb|The former church where the story begins, located in [[Great Barrington, Massachusetts. Building later became the Guthrie Center. The restaurant itself is roughly six miles north in Stockbridge, Massachusetts.]] 'Alice's Restaurant Massacree' (commonly referred to simply as 'Alice's Restaurant') is one of singer-songwriter Arlo Guthrie's most prominent works, a musical monologue based on a true story that began on Thanksgiving Day 1965, and which inspired a 1969 movie of the same name. In an interview for 'All Things Considered', Guthrie said the song points out that any American citizen who was convicted of a crime, no matter how minor (in his case, it was littering), could avoid being conscripted to fight in the Vietnam War. The song lasts 18 minutes and 34 seconds, occupying the entire A-side of Guthrie's 1967 debut record album, also titled 'Alice's Restaurant'. It is notable as a satirical, first-person account of 1960s counterculture, in addition to being a hit song in its own right. The final part of the song is an encouragement for the listeners to sing along, to resist the U.S. draft, and to end war.



Alices Restaurant Massacree 歌詞は、それぞれの芸術家、作家とラベルの財産です。 これらの歌詞はeduacational提供のみを目的としています。 あなたがそれらを好きなら曲を購入してください。 の