の歌詞 の A Love Story

曲のイメージをカバー A Love Story によって Beardfish

アーティスト の:

A Love Story によって Beardfish ジャンルの下に来ます Pop,General. それは日にリリースされました。 23 Oct 2007 ラベルの下 Progress (Se). 著作権によってニコラウス (C) 2007 Nordic Favourites.

タグ の: A Love Story 無料の歌詞 の , 歌詞をダウンロード の, youtube video of A Love Story



English (元の の)        
で利用可能な翻訳歌詞: の Deutsch       中国       Español       Português      

の歌詞 の A Love Story

The Boy:
"So girl, why? Why the long and tired face?
All work and haste? Yeah - life has a sour taste!"

少年:
"それで、女の子、なぜですか?なぜ長く疲れた顔?
すべての作業と速攻?うん - 人生は酸味がある!"


The Girl:
"We're three floors up with the living rooms flickering light, and it is night for real, it's surreal
I've got no signs of sleep and yet the clock is showing 3 am, and it's always the same when I feel restless
I want to split these shifts, divide them into night and day,
if that's OK, coz I think I've had enough

ガール:
"我々は、リビングルームは、光のちらつきで3階交流している、それが本当の夜は、それは非現実的だ
私は睡眠の兆候を持っていないクロックは3件表示されている、それは私は気持ちが落ち着かないときには常に同じだ。
私は、昼と夜に分けて、これらのシフトを分割する
それは大丈夫ですが、私は思うだって私は十分だ


So soothe me and I'll give you anything for the relief of sleep!"

だから私を落ち着かせると私はあなたに睡眠の救済のために何をあげる!"


The Boy:
"Zappa sounds nice, "Apostrophe" then "Grand Wazoo"
My happy thoughts are seldom true, but they're painless"

少年:
アポストロフィ"し、"グランド尻""ザッパは、いいですね"
私の幸せな思いはほとんど本当ですが、無痛だ"


The Girl:
"Sigh then cry, when nothing really comes out right
And it's without a fight that my steps, they feel too light
Outside the sky is a cloudy maze
And the rain falls heavy on my naked face
So I dream of us, and we live in the pacific blue
Where there's coconuts for both me and you...!

ガール:
"ため息は、何も実際に出てくるときに、泣いて、右
そして、それは私の手順は、彼らが軽すぎる感じている戦いもせずにいる
空外曇り迷路
雨が私の裸の顔の上に重い落ちる
だから私は、私たちの夢を、私たちは太平洋の青い生きる
両方の私とあなたのためにココナッツあるところ...!


The Girl:
"I'm only one short minute away from breaking!

ガール:
"私は脱却からは短い分よ!


I Love the lies we love to tell
But I feel sick by the mere smell of
You, I think I've reached the point of no return
I JUST DON'T LOVE YOU ANYMORE...!

私たちが言うことを愛するある愛
しかし、私は単なる香りによって気分が悪く
あなたは、私はノーリターンのポイントに達していると思う
私はただもうあなたを愛していない...!


The Girl:
"I'll pack my things and then be out of here tomorrow night,
I'm in this crazy state of mind, but I feel alright"

ガール:
"私は私のものを詰めるだろうし、明日の夜はここのうちに、
私は心のこのクレイジーな状態にあるんだけど、私は申し分なく感じる"


The Boy:
"But please, kiss me once more! Don't leave, please stay, I love you so
Can't we talk this out, you CAN'T just go!"

少年:
"しかし、私はあなたを愛していてください、私はもう一度!ままにしないでキスしてください
我々はこれを話すことができない、あなたができないだけで行く!"


The Girl:

ガール:


"Goddamn, oh man, don't be such an ass!
All good things we know in life must pass"

"くそっ、オハイオ州の男性で、このようなお尻はいけない!
私たちが生活の中で知っているすべての良いものは、"渡す必要があります。


The Boy:
"But our history! Ah, well we go way back wh..."

少年:
"しかし、私たちの歴史は、ああ、よく我々は方法が戻っwh行く..."


The Girl:
" oh please, give me a break!
I'm leaving now, to stay would be to fake!"

ガール:
"ああ、ご勘弁を与える!
私は偽となるご滞在を、今残している!"


The Boy:
"I can't realize she's gone
Our lives together had just begun
Maybe I should just lay down and die
This must be some kind of dream and maybe I will wake up if I scream...

少年:
"私は実現できない、彼女が逝ってしまった
私たちの生活は一緒にまだ始まったばかりだった
多分私はちょうど下に置く必要があります死ぬ
私は悲鳴を上げる場合、これは多分私は目を覚ますし、夢のようなものでなければなりません...


Seasons change, we rearrange the time we spend, we almost never see each other anymore, it's easy to avoid when there's a scheme to follow, you seem hollow, life has sucked the life out of you...

季節は、私達が費やす時間を並べ替えるに我々はほとんどないお互いをもう参照、変更、それに従うこと方式あるときに避けるために、簡単には、中空のように見える、人生はあなたの人生を吸い出され...


Oh dear! Are you really here?

まあ!あなたが本当にここにいるのか?


Musky smells and wedding bells, make my tea then sit close with me in this couch, I understand what's wrong, but there's nothing to put my finger on your shoulder, I want to hold her, I still love her though I'm so tired

麝香は私のお茶をmakeは、このソファに私と一緒に近くに座る、結婚式の鐘と香り、私は、何が間違っている理解してあなたの肩に私の指を入れては何もない、私は彼女を保持したい私はとても疲れているのに、私はまだ彼女を愛している


Oh dear! Is death anywhere near?

まあ!死が近くのどこですか?


Oh, I love you so much my darling...if you come back to me, strolling right in here with your sunshine of a smile on your face, I would...I mean...I didn't mean to be such a lazy fool, you know I... I just love you too much... If you come to me I promise we will go out to a fancy restaurant, I'll buy of course I'll buy! I will bring you flowers everyday and I will DO THE DISHES if you... so you can rest and just relax...I will never beg for sex...no never...I will always put you first...you're my NUMBER ONE...you know that darling, baby! The love of my life...there's no one else... I love you so MUCH - if you don't come back to me I think I'm gonna die!

ああ、私はそんなに私の最愛のあなたを愛しています...あなたがあなたの顔に笑顔のあなたの太陽と一緒にここで右を歩いて、私に戻って来れば、私がする...私が意味する...私はするつもりはありませんでしたこのような怠惰な愚か者は、あなたはI.を知っている..私はちょうどあなたも大好き...私たちは高級なレストランに行く約束を私私においでになれば、私が買ってくれるもちろん、買ってあげる!私はあなたに花を毎日もたらすと私はあなたの場合は皿を洗うします...ので、あなたが休むことができるだけで、リラックス...私はセックスを請うことはありません... ...いやは決して... ...私はいつもあなたが最初に...あなたがしている配置します私のナンバーワン...あなたは、赤ちゃんが最愛の人を知っている!私の人生の愛は...誰もありません...私はそんなに好き - あなたは私が死ぬんだと思う私に戻って来ていない場合は!


注釈 の





A Love Story 歌詞は、それぞれの芸術家、作家とラベルの財産です。 これらの歌詞はeduacational提供のみを目的としています。 あなたがそれらを好きなら曲を購入してください。 の